読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タフ 外伝『龍を継ぐ男』がついに始動!

TOUGH(タフ)外伝 龍を継ぐ男では何とあの喜一が闇堕ちして龍星の前に立ちはだかります!なぜ喜一は悪に染まってしまったのか詳細はタフ外伝の電子版でどうぞ!

タフ 外伝で喜一が闇堕ちしちゃったワケとは!?詳細は電子漫画で今すぐ見れる

タフ 外伝 喜一が雑誌プレイボーイで現在連載中です。

↓タップして『龍を継ぐ男』で検索↓
タフ外伝の喜一闇堕ち画像

>>喜一がまさかの闇堕ち!詳細は龍を継ぐ男でどうぞ

TOUGHの正当な続編に位置付けされる作品でなんと外伝では喜一が悪役になって再びTOUGHの世界に帰ってきます。

タフ 外伝のTOUGH 龍を継ぐ男では龍星という鬼龍の血を引く18歳の少年が主人公です。

TOUGH 龍を継ぐ男の主人公・龍星は小さい頃から愛人の息子として名家では屈辱的な目にあわされて辛酸を味合わされます。

でも母親が病気で亡くなってしまい龍星の心の中で何かがはじけてもう今まで我慢していたことがどうでもよくなってついに爆発します。

そして今まで自分を酷い目に合わせてきた腹違いの兄や父親を殴り飛ばしてついに家を出ていきます。

最初は汚い大人たちに絶望して荒れる龍星でしたが、静虎に出会い彼の道場で修行することで徐々にその荒んだ心を解き放っていきます。

そこであれっ?喜一はどこに行ったのかと思いましたが、外伝の物語の途中から思わぬ形で登場します。

まさかタフ外伝で龍星の対戦相手の師匠として悪の道に足を踏み入れてしまった喜一が表れるとは意表を突かれましたね。

外伝の喜一の顔つきも高校鉄拳伝タフやTOUGHの時の面影はなく悪役として完成されてしまっている様子です。

一体、喜一に何があったのか?TOUGHファンとしてはかなり気になるところです。

その謎はタフ 外伝の中で徐々に明らかにされていくと思いますが、悪堕ちしてしまうどんなキッカケとなる出来事が喜一にあったのか知る日が楽しみですね。

でもあいからわずおとんの静虎は優しいかったので安心しました。

静虎が闘いで受けた傷を気で自ら直す姿は生殺自在の灘神影流を極めた真の武道家だなと感心しました。

格闘のダメージはそのへんの医師よりもよっぽど治療法を熟知しているので医療費要らずで経済的で羨ましいです。

静虎がもしプロスポーツ選手の怪我とかも静虎に頼めばすぐに直してくれそうです。

整体師の仕事なんかやっちゃったら独特の気功術を使えば凄腕の施術士としてすぐに評判になると思うので、個人で整体院や整骨院を開業すれば一生食いっぱぐれはないでしょうね。

でもまさか悪役で主人公だった喜一が再びおとんである龍虎の前に現れるとは思いませんでしたね。

静虎も変わり果てた喜一の姿を見て相当ショックだったと思います。

タフ外伝 喜一編の次はタフ外伝おとんを電子書籍で読んでみようと思います。

おとんの外伝は2巻で完結しているのでわざわざ単行本を買うのはちょっと抵抗があるので電子版でサクッと暇な時に読んでみようと思います。

おとんの宮沢静虎を中心にしたスピンオフがどのようにしてあの真摯でいつでも沈着冷静な強靭な精神を持つ静虎という人格が形成されていったのかをおとんの喜一も知らない人生を外伝で垣間見ることができたらタフのファンとしてはうれしいですね。